• ホーム
  • アダラートCRは一日1回服用

アダラートCRは一日1回服用

2019年07月21日
血圧測定器

高血圧症や狭心症などの治療に用いられるのが「アダラートCR錠」です。
心臓や血管が収縮するのは、カルシウムイオンが細胞内へ流入するためとされています。
この流入を抑制することにより、末梢血管抵抗を減少させることが出来ます。

高血圧症の治療に用いる場合、通常、成人の場合で主成分として10~20mgを1日1回服用から開始することになります。
その後、必要に応じて増量をします。
1日40mgでも効果が十分に得ることが出来ないという場合には、1日40mg1日2回まで増量することが出来ます。

このアダラートCR錠は有効成分が徐々に溶け出すように工夫されています。
ですから、割ったり噛み砕いて飲むと血中濃度が高くなるため、副作用が出ることがあるので注意が必要です。
飲み忘れたという時には、気がついた時点で服用するようにしますが、2回分を1度に飲むことは避けるようにします。
もし、服用量を誤った場合には医師に相談するようにします。
医師の相談無く、自己判断で服用量を増減することは避けるようにします。

副作用としては、頭痛や顔のほてり、動悸、便秘、むくみ、発疹、貧血などがあります。
もし服用後体調に変化があった場合には、すぐに医師に相談するようにしましょう。