• ホーム
  • アダラートの摂取が平均的に必要な人とダメな人

アダラートの摂取が平均的に必要な人とダメな人

2019年12月15日

アダラートは血圧を落としてくれる薬です。
高血圧症の場合は特に利用される場合が多いです。
しかし、アダラートは効果が強いだけに体質、病状などをトータルで考えなくてはならない薬と言われています。
そのため、医師の処方が必須であり、また、長期にわたって体調を見ながら薬の量を調整することも行なわれます。
ただし、アダラートは誰に対しても使える薬ではありません。
平均的な高血圧症の方には使われることが多いですが、平均的とは言っても体質的にダメな方もいます。
アダラートがダメな方としては平均20週未満の妊婦、腎機能障害がある、僧帽勉強さなどの心臓病を持つ、他に血圧や心臓に関する薬を飲んでいる方です。
アダラートがダメでも他の薬でカバーできればよいのですが、血圧を下げることを再優先する場合には他の薬を調整してでも処方されることが多いようです。
薬を併用しづらい症状としては血圧を下げることで血流が増えることから心臓に負担がかかるからです。
また、多血症の方にもアダラートは処方しづらいと言われています。
処方は医師がトータルに判断することになりますが、日頃から行える食生活も重要になってきます。
まず、アダラートが処方されたらグレープフルーツはご法度です。
グレープフルーツは薬の吸収を阻害してしまうので血管でカルシウム吸収が進んでしまいます。
カルシウムの吸収によって血管が収縮しますので血圧が上がってしまいます。
また、血管が拡大して血流が増えて血圧が下がるのですが、多血症の場合は腎臓や心臓に負担がかかることになるので要注意です。
また、ナトリウムの摂取も血液に水分をより吸収させて血流が増えてしまうので薬の効果が失われやすくなるので注意が必要です